陽だまりの彼女 (2013)

“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”のキャッチコピーが話題となるなど、女性から絶大な支持を受ける、越谷オサムの同名ベストセラー小説を、松本潤&上野樹里主演で映画化したファンタジック・ラブストーリー。10年ぶりに再会した中学時代の幼なじみの恋の行方をつづる。

監督:三木孝浩
出演:松本潤、上野樹里、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月、菅田将暉、北村匠海、葵わかな、夏木マリ、木内みどり

陽だまりの彼女 (2013)のストーリー

新人営業マンの浩介(松本潤)は取引先で中学時代の幼なじみの真緒(上野樹里)と10年ぶりに再会する。中学時代は“学年有数のバカ”と呼ばれ、さえないイジメられっ子だった彼女は、美しい女性へとすっかり変わっていた。浩介は幼い頃の純粋な思いを取り戻し、恋に落ち、やがて結婚を決意する。だが、真緒は誰にも知られてはいけない秘密を抱えていた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 青空エール (2016)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。