スウィングガールズ (2004)

東北の片田舎を舞台に、ビッグバンドジャズに魅了された女子高生たちの奮闘を描く、笑いと感動の青春物語。

監督:矢口史靖
出演:上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、豊島由佳梨、平岡祐太、竹中直人、小日向文世、渡辺えり子、白石美帆、谷啓

スウィングガールズ (2004)のストーリー

東北地方にある山河高校の落ちこぼれ学生だった鈴木友子(上野樹里)ら13人の女子生徒は、夏休みの補習授業をサボるために、 野球の試合の応援に向かった吹奏楽部に届ける予定だった昼食の弁当を業者の代わりに届けることに。移動手段は列車(フラワー長井線)であるが、寝過ごして一駅先の駅に降りてしまい、真夏日の中、線路を辿って目的の駅まで歩いて戻る羽目になり、途中電車に追われ、線路沿いの水田に慌てて飛び込んでしまう。弁当共々全員泥まみれになってしまったが、付近の河原でセーラー服を洗い、なんとか試合会場に辿り着く。吹奏楽部に弁当を届けることができた友子たちだったが、届けた弁当を口にした吹奏楽部のメンバーらが食中毒を発症してダウンしてしまい、緊急搬送された。友達から回ってきた連絡網によって、この一連の騒動が地元のニュース番組に報道されていること知った。

友子らが列車乗車中に弁当を一つつまみ食いしたおかげで、弁当が食べられず唯一食中毒を免れることができたシンバル担当の気の弱い吹奏楽部員・中村拓雄(平岡祐太)は、急遽次週行なわれる野球部の試合で応援演奏を行う吹奏楽部員に代わるメンバーを募集することになる。しかし、集まったのはリコーダーしか吹いたことのない関口香織(本仮屋ユイカ)や、所属するロックバンドが解散し、手持無沙汰となったギター担当の渡辺弘美(関根香菜)とベース担当の山本由香(水田芙美子)など、吹奏楽には無縁の生徒たちばかり。そこで野球応援の日、友子の顎に米粒がついていたことによって、弁当が一個足りないことと一連の騒動の犯人を既に知っていた拓雄は、友子たちに責任を取らせる形で吹奏楽部のピンチヒッターとして強引に入部させるのだった。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。